Marine 1846

ニュース&イベント

ユリス・ナルダンの歴史に敬意を表し、美しい伝統を受け継いだ新しいバージョンを発表

海軍の司令官や商船の船長たちは、ユリス・ナルダンのマリーンおよびポケットクロノメーターを探し求め、同社は1846年以来、タイムキーピングのイノベーションと精度において輝かしい歴史を構築してきました。そして、スイスのル・ロックルにある同社のマニュファクチュールでは、賞を受賞した革新的な時計が生みだされてきました。

これらの機械式時計は、永遠の美しさと性能を称賛する収集家や、スイスで製造する時計メーカーにインスピレーションを与えてきました。

今日、マリーン 1846の時計を発表し、着実に近代的な歩みを続けてきたブランドの輝かしい歴史を祝福します。

このマリーン 1846は、ブランド150周年記念として発表された伝説の1996年のモデルをベースとしており、最新のモデルとして、シリシウム技術とグラン・フー エナメル文字盤を備えて誕生しました。

自動巻きの UN-118 ムーブメントは60時間のパワーリザーブを誇り、前後に調整可能なクイックセッティング機構を備え、スイスの時計メーカーである自社で完全にデザイン及び製造されています。

オリジナルと同じように、ビンテージのデザインを採り入れ、わずかに大きな41mmのケースには、ローマンインデックス、フルート装飾のベゼル、優れた耐水性など、マリーン コレクションのクラシカルな特徴を備えています。

エナメルの文字盤上には、歴史的なマリーン クロノメーターのデザイン採り入れた針とロゴと共に、スモールセコンドや日付、そしてパワーリザーブ表示が配されています。ケースバックには、歴史的なユリス・ナルダンの時計で受賞した数々の金賞のリストが誇らしげに刻印されています。